社長ブログ

BLOG

八重の桜②

2013年7月7日

 

こんにちは。
ネットを見てみますと、視聴率が低い(去年の平清盛よりはマシ…)とか、八重の2番の目の夫となる新島襄役のオダギリジョーの出番がカットされる(視聴率が下がるから?じゃあなぜキャスティングしたんでしょうか?)とか、あまりいいイメージではない記事が並ぶのですが、私は毎週楽しみに観ています。
 
学生時代には歴史に関してほとんど興味を持たなかったので、この戊辰戦争のこともほとんど知らない状態でこのドラマを見始めましたが、毎回、目頭が熱くなるようなシーンが登場します。戦争をしているわけですから、当然、人が亡くなっていくシーンが多いのもありますが、「会津のために」、「お殿様のために」、「会津の武士として」、というところに胸をうたれています。そのような教育が綿々と受け継がれてきたからこそなのでしょうね。
 
私としては、このまま、史実を知らない状態でこのドラマを見届けたいと思っています。
 

CATEGORY

ARCHIVE

  • 2021年 (21)
  • 2020年 (45)
  • 2019年 (45)
  • 2018年 (31)
  • 2017年 (15)
  • 2016年 (11)
  • 2015年 (16)
  • 2014年 (41)
  • 2013年 (36)
  • 2012年 (38)
  • 2011年 (46)
  • 2010年 (48)
  • 2009年 (11)
  • カテゴリー