教科書に載ってるホンモノ

2013年3月25日

こんにちは。今日は愛知県美術館で開かれている、円山応挙展を観に行って来ました。
ほとんど前知識はなかったのですが、社会の教科書に載っている歴史上の画家の作品を観てみたいと思い、足を運びました。

動物を描いている作品が多くあったのですが、今にも動き出しそうで、さすがに教科書に載るくらいだなと・・・。

孔雀などの鳥が、特に前を向いている首の様子がリアルに描いているように感じました。

また、虎の絵が“うる星やつら”の高橋留美子さんのマンガに出てくるような感じで、丸っこくて可愛かったのですが、解説によると円山応挙自身は実物の虎を見たことがなく、猫と虎の毛皮から連想して描いたとのことで、納得しました。

上記のとおり、私自身、美術のことをよくわかっているわけではないのですが、今回のようなホンモノを観る機会があれば、また出かけたいと思います。

 

表示

http://event.chunichi.co.jp/okyo/

 

CATEGORY

ARCHIVE

  • 2021年 (28)
  • 2020年 (45)
  • 2019年 (45)
  • 2018年 (31)
  • 2017年 (15)
  • 2016年 (11)
  • 2015年 (16)
  • 2014年 (41)
  • 2013年 (36)
  • 2012年 (38)
  • 2011年 (46)
  • 2010年 (48)
  • 2009年 (11)
  • カテゴリー