社長ブログ

BLOG

龍の絵

2012年7月1日

こんにちは。 名鉄電車の車内広告で知った“龍の絵”が観たくて、金山のボストン美術館に初めて行ってきました。今回開催されているのは、「特別企画展 日本美術の至宝」という企画でした。

 

お目当ての“龍の絵”は、曽我蕭白(そがしょうはく)という江戸時代の画家が描いた「雲龍図」というものでしたが、これが予想を裏切らないのド迫力で、“すげぇ~”という感じで圧倒されました。 
 
この龍の絵がプリントされたTシャツが販売されていたので、奥さんのあきれた顔を横目に買おうとしたのですが、残念ながらLLサイズはなし・・・。当然ウン十万円もする複製画は考える余地も無く・・・。
 
いずれにしても本物の迫力には叶うはずもないので、また機会があれば観に行きたいと思っています。
 
 
 
 ryuu__.JPG
 

 

CATEGORY

ARCHIVE

  • 2021年 (28)
  • 2020年 (45)
  • 2019年 (45)
  • 2018年 (31)
  • 2017年 (15)
  • 2016年 (11)
  • 2015年 (16)
  • 2014年 (41)
  • 2013年 (36)
  • 2012年 (38)
  • 2011年 (46)
  • 2010年 (48)
  • 2009年 (11)
  • カテゴリー